内容

映像を見て、災害の怖さを改めて認識し、講師や実際に体験された被災者の方の対策を教えていただきました。また、防災リュックに入れるものについても、実際に見て説明してもらいながら学びました。

開催日時

2020年9月14日(月) 10:30 〜 11:30

開催場所

アンフォーレ ほっとスペース
3階健康支援室・講座室

講師

高木一惠さん

料金

無料

定員

11組

お申し込み方法

※募集は締め切りました。

WEBフォームよりお申し込みください。

申込受付日時

2020年8月24日(月) 10:00 〜

注意事項

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、”ほっとスペースをご利用になる皆さまへ”をお読みの上、お申込み下さい。
・参加できなくなった場合は早めにご連絡ください。
・HPに写真が載ることがあります。支障のある方は当日スタッフにお伝えください。
・講座中の写真、動画の撮影はご遠慮ください。
・午前8時時点で、安城市に、暴風警報、南海トラフ地震の予知警報または警戒情報が発令された場合、講座・イベントは中止します。その他、地震等の災害により中止となる場合もあります。

当日の様子

アンケート

  • 見落としていた情報を教えてもらったり、3.11の映像を再度見ることで、改めて危機意識をもつことができました。まずは、命を守り、ケガを防ぐことを第一に、我が家の防災も見直そうと思います。
  • 防災リュックの中身などは調べたこともあったけれど、第一に「う・た・お」が大切だということが盲点だったので、帰ったら、早速部屋をチェックしてみたいと思いました。
  • 実際に災害が起きたとき、今日の講座を聞く前より、落ち着いて行動ができると思いました。いざという時のために、日頃から備えておくことの重要性を改めて感じました。ありがとうございました。
  • 地震の映像を見て、とても衝撃的でした。あの状態で子どもを守れるのか心配でしたが、これ以上の揺れが起こると肝に銘じ、これからもう一度防災について考え、備えをしていきたいと思います。大事な家族を守るためにやるべきことを学べました。ありがとうございました。
  • 映像をみると、心苦しくなってしまうので、なかなか一人や自宅でみることができないですが、今日みて、これ以上の揺れが起こることが分かり、今備蓄しているものをもう一度見直して、普段のかばんに入れるものなども用意しておこうと思いました。また、自宅でダンナとも話をしようと思いました。
  • 今までよくある市?から行われている防災講座に比べて、身近でわかりやすく、具体例たくさんでとてもよかった。防災グッズを作っても、なかなかメンテナンスしないまま、長い間ほったらかしになってしまっているので、これを機に見直ししてみようと思います。
  • ハザードマップをしっかり見ようと思いました。まずは生きのびることが大切だと感じました。常に持ち歩くポーチは必要だな、と思いました。
  • いろいろ対策をとらないといけないと思った。
  • リアルな地震の揺れの映像を見れたのが良かった。あと、流れてきた水が、ただの水や虫だけだと思っていたので、とてもこわくなりました。
  • 知識が全くないので、すごく参考になりました。少しずつ備えていきたいです。