こどものまちは、子どもがまちづくりを体験する場です。

こどもスタッフは、まちに必要だと思う施設やまちにあったらいいなと思うお店を考えます。

そして、それぞれの施設やお店では何人くらいの人がどんな仕事をするのかを考えて、準備します。

こどものまちのイベント当日、参加者のこどもたちは、まちの市民として、働いて得た収入で税金を払い、物を買ったり、遊んだりします。いつ働いて、いつ遊ぶのか自分で決めて行動します。

こどものまちの活動を通して、こどもの主体性が育ちます。また、異年齢、学校を越えた交流によって、幅広い人間関係ができていきます。

 

こどものまちは、安城市生涯学習課、愛知教育大学との協働事業です。

» 外部リンク:安城市の紹介ページ